2022年4月度 資産運用成績

運用成績

2022年4月度運用成績

運用成績の発表です。

  保有資産評価額    1,188,834円 
  損益(含み損益込)   +53,410円

  <過去の運用成績はこちら

取引実績

株式売買取引

取引の実績です。

先月は10件売買を実施しました。

<その他過去の取引実績はこちら

そのほかの実績

そのほかは特に実績はありません。

1ヵ月を振り返り

初めて10件もの取引が出来た月でした

4月は私の投資人生の中で初めて10件もの取引注文を約定させることのできた月となりました。

私はサラリーマン業を行いながら株式投資を実施している副業投資家の為に平日市場が開いている時間帯に板に張り付いてウォッチすることはかないません。

良くても仕事の合間に数分とお昼休憩と小休憩の時くらいしかチェックが出来ません。

リアルタイムでの取引が出来ない以上、目標の価格を指値して購入することが多くなっています。

今月に関しては目標とした指値に到達する機会が多くあったために、約定回数も2桁となりました。

仕事中に約定通知がメールで飛び込むと「またか」とこそっとスマホを取り出し約定銘柄をチェックするような日々が3日に1度くらいありましたか(笑)。

しかしきっちりと利益を取れる約定がほとんどでしたので、月間評価額もプラスに転じました。

高島屋も業績好調

4月度の利益確定の要となったのが高島屋の存在です。

高島屋は中間決算にて非常に好感される業績報告を行ってくれました。

決算報告では前年同月での連結経常利益がマイナス136億円だったのに対して今期は69億円の黒字にv字回復しています。

実に前期同月比で2.3倍と急拡大する見通しが示されました。

ちょうど決算報告の前週に平均取得単価を落とす目的で高島屋の追加買い増しを行いました。

追加買い増しのおかげで平均取得単価が下がった矢先の好材料報告となったため、大きく上昇する形となったために目標価格で売りぬくことが出来ました。

きっちりと利益が確定できたため、満足な取引となりました。

カーブスも業績好調

カーブスも高島屋同様に中間決算発表が大きく好感した銘柄となりました。

伸びは高島屋より大きく第2四半期の連結経常利益が前年同期比でなんと2.8倍の18.5億円という大きな数字となりました。

そのため決算発表後は15%ほどあった含み損がみるみる解消していきました。

カーブスはNISA株と特定株に分かれて銘柄を保有しており、NISA株については含み益が出てきましたので、売却に踏み切っています。

特定株は未だに含み損は抱えているものの、4月の取引終了時点で含み損が6%ほどまで改善しています。

特定株保有分についても5月に含み益に転換する絵も見えてきました。

まだまだ大きく銘柄を温めるシーンに出会えていないですが、カーブスも含み益が出るようになったら堅実に利益確定させていければなと考えています。

信用取引を積極的に活用

今月は信用取引を積極的に活用する月でもありました。

株価が下落し続けている下降局面ではただただ待つ事しかできず注文の機会を逃すことがありました。

また、下落局面だと保有している銘柄も含み損を抱える一方で利益の確定をすることが出来なくなってしまう、ある意味一時的な塩漬け株になりかねません。

私も去年の秋口よりカーブスは一時的な塩漬け状態が続いていました。

信用取引を活用して下落局面でも積極的に売買をしていきたいと考え、経験が浅くダメージが低いうちに勉強することにした月となりました。

信用取引は現物取引と違って色々ややこしいですね

信用取引は現物取引と違って不慣れな方にはややこしいかもしれません。

信用買い、信用売り、返済買いに返済売り、現渡なんていう取引もあります。

それぞれ注文に意味合いがあり現物取引のようにただ売りと買いだけを行うものとは大きく違います。

しかも約定後には売却までの制限期間が設けられるため、あまり長期で保持することもできません。

言葉では理解できているのに取引になるとやっぱり焦ってしまいますね。

案の定いきなり注文を失敗してしまいました

私は信用取引初級者ということもあり、案の定取引で失敗をしてしましました。

空売り(信用売り)を約定したのは問題なく期待通りの価格で約定が出来ました。

みるみると株価が下落したことによって目標としていた株価に到達したのですがここで見事に失敗です。

本来であれば空売りした株価を手放すための注文として返済買い注文を出す必要があります。

私は何を血迷ったか返済買いではなく信用買いで注文を出してしまいました。。。。

指値での注文でしたので即時約定。

約定通知が送られてきて確認した時に返済買いをしていないことに気付いた際にはもう後の祭り、、

予定していない、しかも現物取引で充分な単元数を無駄に手数料を支払って信用買いすることになってしまいました。

本来の返済買いはすぐさまその後に注文を出して利益確定をすることが出来ましたので、空売りに対しての売買は何とかうまくいったもののお釣りを出してしまうことになってしまいました。

ちなみにこの取引は勤務中にこっそり抜け出してワタワタと取引をした結果です。

短い時間で注文を出そうとして手元が狂ったのか、注文種別を読み間違ったのかわかりませんが手痛い失敗となってしまいました。

授業料を支払わずに終えられたのは救い

本来であれば意図せず購入してしまった銘柄は損得勘定は後回しにして、清算してしまうのがセオリーだと思います。

しかし私はそれが出来なかった。

小さな損失も出したくないという気持ちが働いたせいか、すぐに清算することが出来ずに信用買いした銘柄は保有することにしてしまいました。

数日は引き続き下落が続いた為に含み損を抱える形になりやきもきしながらチャートを眺めていまい下が、一瞬上げたタイミングで何とかプラスで売りぬくことに成功しました。

手数料含め損失はない形で取引を終えられたので、よかったのではありますが下がり続けた場合は目も当てられない結果になっていたことでしょう。

今回に関しては授業料を支払わずに取引出来てホッと一安心というところです。

IPO銘柄の補欠当選

4月度はIPOの補欠当選もありました。

結果は繰り上げ当選ならずではありましたが、せっかくなので対象銘柄を少しウォッチしていこうと思っています。

当選はせずとも少しばかり調べて愛着が出てしまいました。

引き続きIPOに対しての試みは続けていこうと思います。

まだ一度も当選したことがないため、積極的に動いていきたいなとも思っています。

過去の資産運用成績を確認したい方はこちらから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※ブログランキングに参加しています※
皆様の応援が日々の励みになります。
記事が「いいね!」と思ったらクリックお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ   にほんブログ村 投資ブログへ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~