円高・円安

円高と円安、テレビとかでよく耳にしますね。
「本日の為替は1ドル、99円75銭~80銭で円高ドル安です。」
みたいなあれです。じゃ~円高や円安って一体何者なんでしょうかねぇ。

簡単に言うと、

円の価値がどうなったか?

ということです。

円高というのは「円の価値が高くなった」。
円安というのは「円の価値が低くなった」。

ってことを言っています。

ん?いまいちピントこない??

たとえば、ミカンを例にしてみましょう。

昔々、1個1ドルのミカンがありました。
その時は1ドル=100円でお買い物できました。
ミカンは1個100円で買えるっすよね~。

3ヶ月後、またミカンが食べたくなりました。
ミカンを買おうとしたら
その時は1ドル=90円になっていました。
おっと、3か月前は1個100円だったミカンが
今は1個90円で買えちゃうではないっすか?!

なんと、ミカンの価値が上がってしまった!
これが円高です。

※ここで注意ですが、
100円から90円に安くなったから円安になったってのは間違えっす。

これは円高です。
100円のものが90円で買えるようになったんでお金の価値は上がっているのです。
わかりますかねぇ、私はこれが染みつくまでに結構かかりました(汗

ではでは、そのまた3ヶ月後、、、
またまたミカンが食べたくなったので買おうとしたら、
今度は1ドル=120円になっていました。

どひゃ~!

ミカン1個90円だったのが、今は120円もするっす!
90円で買えたものに今は120円も出さないと買えないっす。

これが円安です。
ミカンの価値が下がってますねぇ。
おなじみ間でも為替の変動によって100円だったり、90円だったり120円だったりする訳なのです。

以上が為替マジック!
円高円安のカラクリです。

ブログランキング参加

※ブログランキングに参加しています※

クリックしてサイトの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村   にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ   にほんブログ村 投資ブログへ
人気ブログランキング