損切タイミングは難しいですね

今週の保有株含み損益は-3,200円となりました

保有している岡山製紙(3892)で好材料が出たため一時的に大きく値を上げました。

含み損の回復まではいきませんでしたが、下降傾向にあったため損切タイミングとしては申し分なしと考え一部売却です。

今週の売買実績は1銘柄でした

今週は1銘柄を売却しました。

岡山製紙は原材料である紙の輸入に対する価格が下がったため、利益予想を上方修正しました。

これを好材料として1日で20円以上も上昇する一幕がありました。

普段は出来高がかなり少ない岡山製紙ですがこの日は活況で株価の値動きも活発でした。

大きく含み損を抱えていた岡山製紙でしたので、この上昇を敏感に察知し、損切を致しました。

が、チキンな私は全銘柄の損切はせず「まだ少し株価回復するかな」と考えてしまい、
一部残し半数を損切としました。

損切タイミングは思い切りが肝心かも

岡山製紙が原料費用の減少を好材料にして株価が大きく上昇したのが12日の月曜日です。

保有銘柄の一部を損切したのがこの日ではありましたが、14日の水曜日大引け後に決算を発表しました。

その決算報告で21年5月期の経常利益が前年比36.8%減になるというもの。

この決算を悪材料としたのか、翌営業日15日の取引では一気に株式が下落、月曜日の上昇がなかったような価格まで戻ってしまいました。

「まだ上がるだろう」と一部保有をし続けてしまった銘柄は再び大きく含み損を抱えてしまいました。

損失の確定を怖がってしまった結果、またもや大きく含み損を抱える結果となってしまいました。

気持ちでは小さな損失でも確定させるのに非常に抵抗感があります。

でも含み損は思い切って損切しないといけないですね。

とはいえチキンな私にはそれが出来るのか。。。。

大きく含み益を上げている銘柄が他にあれば気持ちを割り切って損失を確定させる売却もできるのかもしれません。

また利益が出そうな銘柄探しに邁進していこうと思います。

ブログランキング参加

※ブログランキングに参加しています※

クリックしてサイトの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村   にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ   にほんブログ村 投資ブログへ
人気ブログランキング