銘柄選びの基準を考えよう⑤

企業活動の内容が理解できる会社を選定する。

投資家が株式購入できる会社ってどのくらいあるのでしょうか.
結構たくさんありますね。

日本取引所グループのHPを参照したところ、
3/27時点で3, 658社も上場している企業があるそうです
https://www.jpx.co.jp/listing/co/index.html
3.600社って、、、、すごく多い。。。。

多すぎて会社を1社ずつ調べていくなんてできたものではありません。
一日10社調べても全部調べるのに一年かかちゃう (笑
日々新しく上場する会社もあれば、廃止されていく会社もあります。
現実的に不可能ですね。

じゃ、株式投資における会社選びってどうやればいいのでしょう。
時価総額?、発行株式数?、IR情報?

私は無知ゆえに最近までオンワードホールディングス(8016)を知りませんでした。
皆さんはご存知ですか、オンワードホールディングスさん。
企業さんを知らなくてもポール·スミスやカルバン·クライン、23区やanyFAMや組曲やDAKSなんていうアパレルブランドはご存じではないでしょうか。
これらの運営母体がオンワードホールディングスさんです。

実際私たちが生活する環境下で目にするものはすべて企業として成立しているものです。
自分が知らないだけで、よくよく調べてみると、
「あ~、このブランドの企業ね」
とか
「いつも食べてるこれを作っている企業なんだ」
とか気づきが沢山出てきます

これが意外と楽しかったり(笑)
巡り合ったが吉日だと思い、その企業さんを調べてみたりしています。

実際調べてみてどんな会社なのか分からない時もあると思います。
そんな時は、潔く「わからん!」と企業調べをあきらめています。
銘柄選定基準の一つとして、

その企業を調べてみて自分自身が事業内容を理解できる企業

へ投資することにしまています。

詳しく掘り下げれば成長性やら数字やら出てきてしまいますが
まずは自分が興味を持てることが第一だと思いますので、そんな銘柄選定をしていきたいなと思っています。

そういえば、
ウォーレンバフェットさんも似たようなこと言っていたような..。

ブログランキング参加

※ブログランキングに参加しています※

クリックしてサイトの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村   にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ   にほんブログ村 投資ブログへ
人気ブログランキング