銀行各行で通帳が有料化

銀行に口座開設するのは無料で行えるもので、
通帳も口座開設と合わせてセットで受け取れるものでした。
そんな銀行の通帳ですが、各校で有料化される流れが出てきています。
これも時代の流れかと感じますね。

基本は新規口座開設者に負担される

今発行されている口座の通帳に対していきなり管理発行手数料が課せられるということではないようです。
どの銀行も基本は新規開設口座の通等発行に伴う手数料となるようです。
そこで各銀行の手数料についてまとめてみました。

みずほ銀行

  • 2021年1月18日以降
  • 新規で口座開設する70歳未満の人
  • 新規発行時と繰越時
  • 通帳1冊につき1,100円の手数料が発生

三井住友銀行

  • 2021年4月1日以降
  • 新規で口座開設する18歳から74歳までの人
  • 年550円

三菱UFJ銀行も追従

いままで三菱UFJ銀行は通帳有料化の動きは主立って見えませんでした。
代わりに通帳のデジタル化を加速させ、通帳レス化を推進しています。
そんな三菱UFJ銀行もついに通帳有料化の導入に舵を切ります。

三菱UFJ銀行

  • 7月1日以降
  • 口座の取引が2年間ない口座
  • 年1200円

他の2行との違いは「利用してないと手数料が発生するかどうか」です。
各行様々な通帳レス施策を打ち出しています。

通帳をいざ使おうとしたら利用できないことがないようにご利用口座の動向は注視したいですね。

ブログランキング参加

※ブログランキングに参加しています※

クリックしてサイトの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村   にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ   にほんブログ村 投資ブログへ
人気ブログランキング