「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」の優遇が改定されます

三菱UFJ銀行を利用されている方はスーパー普通預金を利用されていますでしょうか。
「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」と言われる制度は、以前より非常に手厚い優遇を受けることが出来ます。
私もメインの口座を三菱UFJ銀行にしているため、この恩恵を存分に利用させていただいています。

「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」の優遇改定

手続きするだけでお得な優遇制度を利用できる「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」ですが、2021年6月1日(火)より改定され、2021年7月20日(火)より優遇制度の適用が行われる予定です。

変更点①:取引に応じてPonta(ポンタ)ポイントが毎月たまります。

口座振替や投信つみたて、外貨つみたて、住宅ローン等の取引に応じて、Pontaポイントがたまるようになります。
※2021年6月13日(日)以降に三菱UFJダイレクトからポイントサービスの申込みが必要です。

Pontaポイント獲得一覧
  • 毎月5Ponta獲得
    • 三菱UFJダイレクトへログイン
  • 毎月10Ponta獲得
    • 口座振替
    • 三菱JFJデビット
    • クレジットカード利用
  • 毎月30Ponta獲得
    • 投信、外貨つみたて(1万円ごとに)
  • 毎月50Ponta獲得
    • 運用商品残高(50万円以上)
    • 住宅ローン

私の場合、水光熱費の口座振替、クレジットカードの利用、住宅ローンの利用を実施しているので、毎月70Pontaポイントが自動的に獲得できる計算になります。
年間換算年間換算すると840ポイントも獲得できます。

これは大きい!!


Pontaポイントと言えばローソンをはじめ様々な店舗で提携が進み、ポイントを貯めたり利用したりするシーンが増えてきました。
意識しないで付与されるポイントはつけなきゃ損ですね。

変更点②:取引手数料優遇条件が変更になります。

この取引手数料の優遇制度には非常にお世話になっています。
コンビニATMの利用や他行への振込を行う際に手数料が無料になる優遇は非常に安心して利用することが出来ます。

今までは判定内容が細分化されており、判定内容に応じて優遇がステージ分けされていましたが、今回の改定ではよりシンプルになります。
「給与or年金の受け取りがあるか」か「Eco通帳の利用があるか」です。

出典元:三菱UFJ銀行

以前は住宅ローンを利用していると提携先コンビニATMは3回まで無料で利用が出来ましたが、2回に無料枠が減少します。
代わりにEco通帳の利用は提携先コンビニATMの優遇、三菱UFJダイレクト他行あて振込の優遇が追加されています。
Eco通帳を利用数と優遇が手厚くなるように見て取れます。

三菱UFJダイレクトの申し込みには、特に費用が発生するわけではありませんので、最初の面倒な手続きさえクリアしてしまえば、旨味は存分にあります。

まだ手続きがお済でない方は参考にしてみてください。

ブログランキング参加

※ブログランキングに参加しています※

クリックしてサイトの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村   にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ   にほんブログ村 投資ブログへ
人気ブログランキング