後悔しない時間の使い方をしないと

一人に与えられた時間は有限です。

24時間という時間はみんな同じ時間なのに、一人ひとり知識量も違えば運動能力にも差があります。
とびぬけて一つのことに秀でている人もいれば、平均的になんでもこなせる人もいます。

同じ時間でも使い方の違いで千差万別の人が作られていきます。

つめこみ学習やゆとり教育という言葉をよく耳にしますが、私はその狭間のどっちつかずな世代を生きた人間です。
こと、基礎学力というものは 「やっただけみにつく」ような気がします。
私が子供のころは、
「算数や数学を勉強していったい大人になって何に役立つんだ?」
「 歴史なんか勉強したって意味ないじゃん!」
みたいに思って学習をおろそかにしてました。
見事に今しっぺ返しが来てますね。

一般常識や一般教養、 数的推理なんかは本当に苦手分野になってしまいました。
しかし、人と話すには教養が必要で、ビジネスを成功させるためには数字が必要になります。
今、ひしひしとその重要性に気付かされている毎日です。

いまさら慌てて勉強しても、今まで勉強してきた人に追いつくのは 生半可な努力では足りません。
現に覚える力が衰えてきているような実感を日々感じますし。。。

「あのときの時間の使い方がもっと効率的だったら..。」

と、これから10年後に同じ後悔をしないように1日1日の時間の使い方を考えなくてはいけないのかもしれませんね。

ブログランキング参加

※ブログランキングに参加しています※

クリックしてサイトの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村   にほんブログ村 株ブログ 副業投資家へ   にほんブログ村 投資ブログへ
人気ブログランキング